calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

archives

サポステ新キャラクター★

あけましておめでとうございます正月正月正月
みやぎ北サポステです(●^∀^●)/
 
昨年末、厚生労働省から

「サポステの新キャラクターが決まりましたよ〜
手き

とポスターやパンフレットが送られてきました。
それがコレ↓

 
 
 
青野春秋さんのマンガ「俺はまだ本気出してないだけ。」の
主人公大黒シズオ。40歳。無職。バツイチ。子持ち。

「俺はまだ本気出してないだけ。」は小学館の
マンガ誌「月刊IKKI」(休刊)で2005〜2012年に連載され、
独創的なタイトルも話題となった。マンガ家になる夢を
追いかけながら、アルバイトとサッカーゲームに明け暮れる
中年男性のシズオと、家族の日常を描いたマンガです。
2013年に実写映画化(堤真一さん主演)もされています
♪star
 
 
全国的にサポステは2006年から展開していますが、
知名度不足もあり、利用が進んでいないこともあり、
厚労省のキャリア形成支援課は、昨年末のコミケの
一般サークル向けにパンフ等を配布しました。
今回の狙いについて、

「コミケの参加者は、情報発信力が高い。
 今回のパンフレットが話題になって、
 サポステの知名度が広がれば。
 厚労省が本気を出していると思ってほしい」

と話しているようですが・・・昨年末に若者の就労支援を
目的にした厚生労働省委託の支援機関
「地域若者サポートステーション(サポステ)」のメインキャラクターに
選ばれたことが明らかになってから、ネットでは少しざわつきもあるようです。
 
ちなみに、みやぎ北サポステのスタッフからも、ざわつきや動揺が広がっていましたよ
_| ̄|○ショボン
だって、シズオは40歳おじさん
 
 
 
まず、サポステの対象年齢じゃないんですもん(笑)
 
※サポステは15〜39歳までの無業状態の方が対象です。
 
 

 
ちなみに、マンガは全巻読みましたが、面白かったですゆう★きらきら
シズオの周りにいる若者たちの将来に対する不安とか
想いとか共感できる部分はあるかもしれません
?ゆう★

サポステに単行本が置いてありますので、是非ご覧くださいねこキラキラ
 
 



 「俺はまだ本気出していないだけ。」あらすじ
大黒シズオ(40)は、長年勤めていた会社を退職。
残りの人生、漫画家を目指して突き進んでいきます…。
――というと、ちょっとカッコよく聞こえるかもしれませんが、
この作品の主人公シズオは、カッコいいという言葉とはかけ離れた、
まるでダメなおっさんです。


会社を辞めた理由は、なんとなく。
漫画家を目指す理由も、なんとなくの思いつき
(ちなみに今まで一度も描いたことがない)。
若い子にバカにされながらアルバイトをし、
お金が足りないと高校生の一人娘に借りる。


同居している父親にはいつも説教され
、それでも漫画家を目指し日夜TVゲームをする…(おい)
きっと世間では、いい加減でかっこ悪い、
ダメな大人に見えていることでしょう。


でも、そんなシズオが、なんだかんだで頑張っていく姿は、
フッと笑えながらも、すごく読み応えがあります。

ドラマのような夢に向かって頑張る
カッコいいシーンなんてのはありません。

あるのは、夢と人生にもがきまくっている
シズオのかっこ悪〜い姿だけ・・・。
だけど、そこが絶妙にリアルでした。
子どもの頃は夢に向かって頑張る姿が輝いて見えるのに、
歳を重ねるとこんな感じになるのかと
切なくなったぐらいに…。

夢を追いかけるってカッコいいことばかりじゃなくて、
むしろかっこ悪いことのほうが多いんだなぁ〜って
当たり前のことかもしれませんが気づかされた感じです。


だけど、どんなにかっこ悪くても…何度マンガがボツになろうが、
年下から「しっかりした方がいいですよ」って説教されようが、
笑われようが…、なんとなくで人生を終わりたくないから、
自分のやりたいことをやっていく…。

そんなシズオの折れない姿に胸がジーンと熱くなります。

夢はいくつになっても持てるんだって、
人生失敗したって大丈夫なんだって、
シズオからいろいろと教わった気がしました。


シズオの他にも、離婚して独り身になってしまった人、
何がしたいのかわからず定職に就けない若者…など、
シズオと違った意味で人生をもがいている人たちの姿も
描かれています。


特に、各巻に収録されている「特別編」が良いです。
そこでは、どうなるか先がわからないシズオの本編とは違って、
シズオと出会ったことで人生の何かが前向きに変わっていく人たちの
姿が描かれています。


登場人物の年齢が自分と近いと、「なんで生きてるんだろう?」とか
「なんのために働いてるんだろう?」とかで悩む姿に共感できて、
どこか人の温かさを感じるストーリーにウルっときました。

本編ではかっこ悪くみえるシズオも、迷える若者の前ではどこか頼もしく見えるから不思議です。ぜひ、本編も楽しんでください。

 

スポンサーサイト

  • 2017.05.11 Thursday
  • -
  • 10:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック